THE COIN COLLECTOR

何を探せばいいかを知ってから古銭買取へ

硬貨の発行枚数というのは年毎に差があり、たくさん発行される年もあれば、たくさん発行したために流通量が多くなり、ある年では極端に少なくする、あるいはまったく発行しないということもあります。この発行数のばらつきこそが、硬貨に価値をもたらす要因でもありますので、古銭買取を行っているお店に行き、いつの硬貨がどのように価値があるのかを教えてもらうのがいいでしょう。お店に行って聞きにくいなら、インターネットで調べるという手もあります。ほとんどの古銭買取をしているお店が、多少の差はあれど、同じ条件を基準に買い取りを行っているとみられることから、何を探すべきかということが事前にわかります。ギザギザのついた10円は価値があるように思えても、ほとんどの場合、10円でしかありません。価値があるのは未使用か、昭和33年のみとなっています。これらの知識があれば、日々気を付けて硬貨を確認することで、ふらりと幸運が舞い込んでくる可能性が生まれます。